E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

鯛のあら煮

このところ週末を中心に雨がよく降りますね。台風が接近中ということで、また災害が心配です。
9月になって随分と涼しくなりました。寝る時に掛けるタオルケットも厚めのものに変更、クーラーは不要になりましたね。夕方は陽が落ちるのも早くなってきたし、ようやく秋の気配が、、と言いたいところですが、このところ雨続きでさっぱりです。からりと晴れ上がった秋空を早く見たいものです。今宵の晩飯は"鯛のあら煮"など。鯛のあらはゴボウと炊き合わせるのが鉄則ですね。

山椒を振っていただきます。鯛は目の周りのゼラチン質の部分と頬の身が美味しいです。魚の頬の身は「嫁の隠し身」と言うことがあります。今は昔ですが、お嫁さんは魚の身の良い部分は舅、姑、夫などに出して、自分は皆が食べ残すところを食べていました。この頬の身はお嫁さんがこっそり食べる部分だという意味なのですが、実はここが一番美味しい。むしろ、役得といったところです。

今の世ではお嫁さんが魚の真ん中をとって、夫が細々と隠し身を、という家庭のほうが多いとか、、