E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

鶏そば なんきち

少し前から気になっていたのですが、今日はこちら方面に来る機会があって訪れることができました。
三原の中心街からは外れた住宅街にあるのですが、店の横に駐車場がたくさんあるので、私のように車で行く者にとってはかえって便利です。店の前の暖簾がよい意匠になっていますね、店内も綺麗に整理されていて好印象。まだ若いご主人と奥様の二人で切り盛りされているようですが、奥様の接客が行き届いていて中々良い感じです。

メニューには"鶏そば"(黒)と"白濁鶏そば"(白)があって、鶏そばは澄んだ醤油スープ、白濁鶏そばは鶏白湯スープのようです。私は白濁鶏そば(700円)+味玉(+50円)を注文しました。味玉丸1個が50円というのは良心的。鶏白湯というと広島市内には大阪の「弥七」の流れをくむ「歩いていこう」がありますが、ネット情報では、こちらのご主人はラーメン店での修行経験はないとのこと。しかし、店内に置いてある説明書きを読むと材料や調理法に関して並々ならぬ拘りと工夫があることが分かります。麺は特注で卵麺と細麺がありますが、鶏そばには卵麺、白濁鶏そばには細麺を推奨されているようなので、私は薦めに従って細麺にしました。出てきた白濁鶏そばは綺麗に乳化したスープです。

スープをひと啜り、、鶏の旨味が余すところなく出ていて、しかもくどくない感じ、これは旨いです。具はチャーシューの代わりに鶏チャーシューと鶏ハムが一枚ずつ、他にはキクラゲ、青菜、ネギ。このあたりもかなり手を掛けているのが分かります。「残りスープにご飯投入を強くオススメします」とありましたので、麺を食べた後でご飯半分(50円)をもらって投入。確かにこれは旨いですよね。ご主人にしたら丹精込めて作ったスープを残されるのは本当に辛いのでしょうね。「強くオススメします」にその気持ちがよく現れてます(笑)。

いや〜久々にラオタの血が騒ぐ一杯でした。こちらのお店、広島ではまだ多くない鶏白湯ラーメンの店として貴重ですね。是非とも頑張って欲しいと思います。
なんきち 三原市宗郷1-4-11