自作の肴で、

蒸しむしと暑い日が続きますね。参院選は自公の圧勝という予想ですが、いまいち盛り上がらず、投票率は低くなるのでは。取りあえず、衆参ねじれの解消は実現しそうなので嬉しいです。民主はかっての社会党のように、選挙をやるたびに数が減ってただ消え去るのみか。私自身、政権交代の時には大いに期待しただけに虚しさも残りますけど、、
今日は会社の帰りに、近所のスーパーに寄って自分用に晩酌の肴を仕入れました。買ったのは鶏の砂肝と若イカ、合せても500円ほどです。私が買い物をすると何故か安いものばかりに目がいくなあ、、まあそういう安価な食材の中にこそ美味しいものがあるのも事実だし、その方が満足度も高いですからね。砂肝は一口大に切って醤油、酒、ニンニク摩り下ろしのタレにしばらく漬け込んでから、フライパンで炒めます。付け合わせはアスパラガス、こちらは茹でてから塩胡椒で炒めます。砂肝のコリコリとした歯ごたえが良くて、ワインのあてによく合います。

イカは私の大好物、特に瀬戸内海で獲れる若イカは美味しいと思います。こちらは水洗いして剣だけ抜いて、酒、砂糖、醤油でさっと煮ます。腸が美味しいのでそれを捨てないように。濃厚な腸の旨味とプリプリとした身の瑞々しさの対比が良いですね。これは酒もすすみます。