E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

山陰の温泉旅行

正月三ヶ日は、家族で山陰の温泉に行ってきました。
年末から全国的に荒れ模様の天候、中国地方も山間部は雪が降っているとのこと。出発前に中国道は冬用タイヤ着用規制が出ているのは分かっていたのですが、今回のためだけにスタッドレスに履き替えるのも高くつくので、チェーンを積んで出掛けました。規制区間をなるべく短くしたかったので、浜田道を抜けることにしましたが、結局行き帰りともにチェーンを付けるはめに、、実際の道路状況では行きは全く必要なかったのですが、SAで強制的に付けさせられました。帰りは本当に県境で吹雪いていて、チェーンなしでは通れない状況。チェーンの着脱は息子が手伝ってくれたので助かりました。
●皆生温泉
1泊目はこちら、皆生温泉です。宿のベランダから大山を望むことができます。

目を転じると、こちら側は弓ヶ浜。

部屋に付いている露天風呂からは大山と弓ヶ浜の両方を眺めることができて、最高に気持ち良かったです。とってもリラックスできた贅沢な一時、たまにはこういうこともなくてはね。

料理もかなり良かったです。山陰の海の幸、山の幸が盛り沢山、う〜ん満足。


●玉造温泉
2泊目はこちら、玉造温泉です。歴史のある温泉場ですね。ここも良かった。


二日続けての御馳走、いや〜もう、かなり苦しい。


今回は温泉でのんびりした旅だったのですが、移動の合間には若干の観光もしました。
●神代そば
松江の塩見縄手にある「神代そば」です。以前はもっと街中にあったのですが、こちらに移転。ここだと場所柄、観光客がメインの営業になりますね。正月二日から営業していましたが、店内には10人ほどの待ち行列。14:00過ぎに私達が入った後に、直ぐに蕎麦粉が切れて営業終了になりました。ギリギリでした。


出雲といえば割子そば。観光地に移転してちょっと心配でしたが、蕎麦のほうは変わらず美味しかったです。

神代そば 松江市奥谷町324-5 http://www.e-kamiyo.jp