長崎の皿うどん

皿うどんって長崎が本場でしょ、わざわざ"長崎の皿うどん"って言う必要はないんじゃない?、、と問い質されそうですが、(ケンミンショー風に言うと)長崎県民は、こういう太い麺の皿うどんが大好きなんです。
実際に長崎に行くと、皿うどんには細麺(揚げ麺)と太麺(焼き麺)があることが分かります。細麺は私達が普通にイメージする揚げ麺ですが、太麺はチャンポンのように太くて柔らかい麺で揚げずに焼いてあります。地元の人にとってはこの太麺のほうが馴染みのある"皿うどん"なのだそうです。そういえば、細い揚げ麺なのになんで"うどん"なんだろう?、と不思議に思ったことはありませんか。元々は麺は太かったということであれば納得できますね。

皿うどんのための卓上調味料というと辛子と酢だと思いますが、長崎ではウスターソースが置いてあります。これは地元の金蝶ソースでないといけないのだとか。長崎県民は普通に皿うどんにソースをかけ回して食べていました。私も試してみましたが、意外と悪くなかったですよ。今日はオーソドックスに酢と辛子で頂きます。太麺は食べ応えがあるので、私は細麺よりも太麺のほうが好きですね。