殻つき牡蠣の蒸し焼き

家内の実家から牡蠣をたくさん頂きました。いや〜嬉しいなあ。
殻つきの牡蠣はオーブンで焼くと殻が飛び散って後始末が結構大変ですよね。わが家では電子レンジでチンします。牡蠣を殻ごと皿にのせてレンジ用の蓋を被せて電子レンジで3〜4分加熱すると丁度良い具合に熱が通るのです。それでも悪くはないのですが、今回は無水鍋を使ってみました。鍋に牡蠣を並べてコンロにかけて、口が開いたら火を止めます。ほぼ同じ感じで仕上がりますね。


牡蠣の蒸し焼きの出来上がり。牡蠣飯も頂いたので、牡蠣尽くしです。先日、広島の飲食店でノロウィルス中毒があって牡蠣の疑いもあるということがありました。そのことが生産者にも影響があるようで、獲りたての新鮮な牡蠣でも加熱用として売るしかないということです。まあ、牡蠣は生より加熱したほうが旨味が増すので、問題はありませんが。

醤油とレモンを垂らして頂きます。う〜ん旨い。口中に牡蠣の滋味が溢れるといった感じですね。海のミルクとはよく言ったものです。これから牡蠣が美味しい季節、今年もたくさん食べますよ。