鶏肉塩麹漬け焼き

今回の衆議院選挙、まずは民主党政権に終止符をうつことが一番の目的だけれど、じゃあ次はどこに任せれば良いのか?というと、ちょっと考えてしまいますね。注目の第3極、維新の会は政策的には賛成できない部分もありますが、筋は通っているよなあと思っていたら、立ち上がれ日本と合併して基本政策をあっさりと変更、なんじゃそれは。他の党もどこと組もうかと右往左往しています。やはり政策の争いではなくて選挙目当ての離合集散なのか。現状では第3極への期待は急速に萎みつつあるように感じます、思ったほど議席は取れないのではないかな。
ところで、私自身は今回は自民党に入れようかと思い始めています。自民党に入れるのは人生で2回目ですけどね。今の政治家を見ると、どの党も政策的な違いは僅かで(公約しても守らないので、それで判断する意味もないですし)、それよりもまずは安定した政権が欲しいと感じます。自民が第一党になるでしょうから、自公中心の連立政権になる可能性が高いかな。場合によっては自公民の大連立があるかも。いずれにしても、政治のゴタゴタはもう終りにして欲しいですね。
今宵の晩飯は、鶏肉の塩麹漬けの焼き物とスモークサーモンのサラダなど。

鶏肉は塩麹に3日ほど漬けておいたもの、わが家でも塩麹はすっかり定着しましたね。複雑な旨味が加わって、ちょうどよい塩加減で美味しいです。