スモークサーモンとか、

先日娘の処を訪ねた家内の話だと、娘の住んでいる町にアジアン・マーケットがあって、そこで日本の食料品も手に入るそうです。お好み焼きソースもあったとのこと(笑)。刺身も売っていたそうですが、これは調理した後で一旦冷凍してから流通しているのでしょうか。一般にアメリカ人は生魚を食べない印象がありますが、同じ町に回転寿司の店もあるそうで、随分と様変わり。それだけ現在のアメリカにはアジア系の住人が増えているということですかね。
今宵はアメリカのお土産、スモークサーモンとパテです。いかにアジアの食文化が入りつつあるとはいえ、やはり普通のアメリカ人にとって一番馴染みがある魚はサーモンでしょう。このスモークサーモンは、娘が超お薦めということで、お土産に持って帰ってくれました。

このスモークサーモンは、キングサーモンの大きな切り身を塊りでスモークしてあります。日本で普段食べるものとは違っていて、庖丁で切ると身が崩れるような感じ。少しボソっとした食感ですが、味は良いです。サーモンのパテはバケットに塗って食べます。これも旨いです、アメリカ人はこういう味が好きなのかな。郷に入れば郷に従えではないですが、地元の人が美味しいというものは、やはり美味しいですね。