E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

日生カキオコ 始まりました

今日はお久しぶり、多陀志さんとご一緒して車でちょっと遠出して、岡山県の日生に行ってきました。

10月下旬から待望のカキオコが始まったということですが、観光客はまだそれほど多くはないです。それでも有名店の「ほり」「まるみ」あたりはかなりの行列ですね。私達は「浜屋」に並んだのですが、こういう感じ。店の中にも待ち客がいましたが、思ったより回転が早くて30分ほどの待ちでした。

畳一枚分ほどの大きさの鉄板の周りには8人ほどが座れます。それ以外の客は後ろの長椅子で待つスタイル。待っている時に注文を聞かれて、焼き始めて、鉄板前の客が食べ終わったら直ぐに入れ替わり。客もこのシステムに自然と協力していますね。私はもちろんカキオコ(900円)、多陀志さんは日本の大振りなカキが苦手ということでエビオコ(600円)を注文して、二人でシェアすることにしました。一枚のカキオコにカキは8-10個、かなりたくさん入ります。

日生のカキオコは関西風と広島風のお好み焼きの中間くらいの生地の量ですね。ソースは広島よりも甘みが少ないです。今日頂いたカキオコは客を次々に捌く必要からか、火の通りが十分でなくて中が少しべちゃっとしていたのがちょっと残念でした。エビオコのほうは殻付きの小エビが使われていているのが良いですね。殻がサクッとして剥き身のエビを使うより良いと思います。もう少し綺麗に焼いてくれると良いのですけど、しかし、私はこの味、この雰囲気が大好きです。

浜屋 岡山県備前市日生町日生859


■日生海鮮丼
日生は瀬戸内海に面した穏やかな漁港町です。当然魚は美味しいでしょう。折角なので魚を食べようということで、日生町漁協が運営する魚市場「五味の市」へ行きました。今日は以前来た時と比べて市場内で開いている店が少なかったです。日曜で漁がないこともあるのでしょうが、まだ観光シーズンの本番ではないのかな。

市場の向かいにある食堂へ入ってみました。カキオコで腹具合は結構くちかったので、海鮮丼(1,480円)を一つ取って二人でシェアすることに。多陀志さんは生ビール、私は車の運転があるので、もちろんノンアルコールビールです(笑)。出てきた海鮮丼は具材がてんこ盛りです。これはお値打ち、カキオコも良いけれど、日生はこういう海の幸も良いですね。

日生のどんぶり屋 岡山県備前市日生町日生801-8


駆け足で往復のプチ旅行でしたが、こういう海辺の町が私は好きです。カキはもっと寒くなったほうが美味しくなるかな。機会があれば、今シーズンもう一回くらい来てみたいですね。