ねこまたぎの夜

以前から話題になっていた店に、初めて訪れることが出来ました。
「ねこまたぎ」の店は五日市に3店舗あるそうですが、こちらの店にご主人のねこおやじさんが居られるとのこと。今回、qazさんにお願いしてご一緒させてもらいました。ご主人とはもちろん初対面ですが、以前からブログを拝見していたので、なんか不思議な感じです。こちらは日本酒の品揃えも凄いとのことで、今宵は色々と頂きました。私は酒の銘柄には疎いのですが、どの酒も旨かったです。

肴はお任せだったのですが、関アジの刺身、白イカの印籠詰め、だし巻き玉子、地元産の枝豆、里芋のコロッケなど。関アジは贅沢ですね、私好みの白イカ、ダシ巻き玉子は蟹肉も入っているのかな。里芋のコロッケは、茹でた里芋をつぶして塩味をつけてパン粉をまぶしてフライにしてあるのですが、揚げ油が良いのですっきりとしていますね。どれも美味しくて、酒がすすみました。


こちらに来てみたかった理由のひとつはこちら、、ご主人が作る創作らーめんです。これはいつもあるわけではないそうですが、今日は作ってくれたとのことで、"牛テールらーめん"でした。
ラーメンは基本的にはスープが主役だと思うのですが、このラーメンはまさにそうですね。とろりとしたコラーゲンたっぷりのスープ、塩加減もちょうど良いです。これは旨いなあ〜。「ねこまたぎ」というのは広島の方言で「ネコも跨いで見向きもしない(くらい不味いもの)」という意味ですが、このラーメンは「ネコまっしぐら、ネコ夢中」といったところでしょうか(笑)。

しかし、こういうラーメンは一般のラーメン店では出せないでしょうね。大量に作っては品質が保てないだろうし、原価率が高くて、とても商売にはならないでしょう。この店では飲んだ後の締めとして、ご主人の創作ラーメンを350円または500円で提供しておられるそうです。とても信じられない、まさにサービス品ですね。

今回は久々にqazさんとご一緒できて、湯来おやじさん、月ん子さんともお会い出来ました。いや〜楽しかった、皆さんありがとうございました。

ねこまたぎ 佐伯区役所前店 広島市佐伯区海老園2-6-13