吉野ヶ里探訪

一夜明けて、、昨夜の酒が抜けきれずちょっと二日酔い気味です。しかしホテルの朝食バイキングに向かうと俄然食欲が出てきて(笑)、、冷水をたくさん飲んだので残存アルコールもすっかり抜けたようです。
今日は福岡を離れて佐賀県の吉野ヶ里遺跡を見に行きます。福岡市内からだと高速道路で約1時間、思った以上に近いですね。吉野ヶ里には発掘直後に一度来たことがあるのですが、その時はまだ、遺跡の上にプレハブの建物で覆いがしてあるような状態でした。その後大々的に歴史公園として整備されたということで、是非一度訪れてみたかったのです。着いてみるとホントに奇麗に整備されているので驚きました。弥生時代の環濠集落がここまで大掛かりに復元されているのは、全国的にもここだけでしょうね。


「吉野ケ里から邪馬台国が見える」というキャッチコピーがありました。そのあたりを意識したような復元模型があるのはご愛嬌ですが、確かに弥生時代のクニというのはこういうものだったのだろうな〜という、具体的なイメージが湧いてきます。


吉野ヶ里はもちろん邪馬台国ではありません。私は邪馬台国畿内説でして、邪馬台国の跡は奈良県の纒向遺跡であると確信しています。しかしそれとは別に、ここは色々な意味で古代史ファンには必見の施設ですね。
吉野ヶ里歴史公園 http://www.yoshinogari.jp/