2009年越しそば

2009年大晦日、今年は私の実家で母親と一緒に年越しそばを食べました。
わが家の年越しそばは長らく私が作る鴨南蛮と決まっていたのですが、ここ数年はご縁があって安浦の「だるま食堂」のお蕎麦を頂いています。人数分のお汁と薬味が付いていて、蕎麦とお汁を温めるだけで出来上がりです。蕎麦は市販のゆで麺ですが、お汁が美味しいですね。

こちらはだるま食堂の名物いなり寿司、子供の拳くらいの大きさがあって食べ応え十分です。

紅白歌合戦をところどころ見ましたが、出演者の半分も私は分かりません(笑)。今年の目玉は矢沢永吉とスーザンボイルということですが、永ちゃんは歌詞を間違えるし今一でしたね。小林幸子のど派手な衣装(とういか舞台セット)は益々凄くなりますが、歌の内容と全然合ってないだろう、、と思いつつ、途中で見る気がなくなりました。最近は紅白も面白くないなあ、、私が歳をとっただけかもしれませんが。


大晦日のわが家の光景、家内のお節作りです。

今年は両方の実家の分も作ったので、家内は大変だったと思いますが、やはり買ったお節とは一味違います。