ソーセージとポテト

今週はちょっと忙しいです。このところ何故か眠りも浅くて、かなり疲れ気味ですね。
晩飯に出てきたソーセージですが、デパートのイタリアフェアで買って冷凍していたとのこと。バジルなどの香草が入っていてスパイシーな味でした。ソーセージというとドイツを思い浮かべますが、イタリアンソーセージというのも美味しいですね。

ソーセージにはやはり粒マスタードです。

ソーセージにはポテトが付きものということで、「ヤンソンの誘惑」です。何やら艶っぽい名前ですがこれはスウェーデン料理で、肉魚を口にしないヤンソンという敬虔な宗教者がその美味しさに負けて食べてしまったことから付けられた名前だそうです。わが家では家内が時々作ってくれます。

作り方は、ジャガイモを拍子切り、タマネギをせん切りにしてバターで炒め、耐熱皿に入れてアンチョビを散らし、その上に生クリーム、パン粉をかけてオーブンで焼きます。味付けはアンチョビの塩気だけ、簡単ですがこれはヤンソン師が誘惑されたのもむべなるかなという味ですよ。