E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

カレーの一楽章

今日は日曜日なのですが、私は受験です。メンタルヘルスマネージメント検定(ラインケアコース)という試験を受けてきました。これは会社の安全衛生委員会活動の一環なんですが、最近は身体の健康と同様に心の健康が重要ということで、メンタルヘルスは大きな問題ですね。試験の前に教本を読んでいたのですが、結構勉強になりました。
試験が終わって、ちょっとクールダウンがてら家まで歩いて帰ることにしました。百米道路をブラブラと歩くと、いつの間にか市内の木々もかなり色づいています。今年は去年より紅葉が早いのではないですかね。平和公園の辺りまで歩くと雨が降ってきて、傘は持っていたのですがうっとおしいので本通り方面に避難することにしました。

本通りを歩きながら、さて昼飯はどうしようかな。久しぶりに「宝」で天丼を食べようかなと思ってそこまで行ったのですが、到着すると隣にはカレーの「一楽章」が、、私は昨日から続いている「カレー食べたい」モードがまだ終わってないみたいで、足はふらふらと一楽章のほうへ(笑)。こちらのお店は広島にあるカレー専門店としては有名なのですが、まだ一度も入ったことがなかったのです。
店に入って「メニューを見せて下さい」と言うと、レコードに白マジックで書かれたメニューを渡されました。それを見ていると、女主人(なのかな)が「(日替わりの)お薦めだったらすぐ出来ますよ、、」ということなので、初めてということもあり、取りあえずそれにしました。今日のお薦めカレー(850円)は"牛肉と豆腐と玉子のカレー"です。

出てきたカレーは少し酸味があって、じんわりと辛味もあります。具は油揚げの巾着に豆腐と牛肉、もうひとつには豆腐と玉子が入っています。面白い取り合わせですが、これは必ずしもカレーには合っていないのではないかな。ただ、こちらのお店では色々と独自の具を試されているようで、そういう工夫は良いですね。

このお店で嬉しかったのは、何よりも女主人のホスピタリティです。これはどのお客さんに対しても同じなのでしょうが、とても親切な接客で自分が特別なもてなしをしてもらったような嬉しい気持ちになりました。こういう接客はメンタルヘルス的にも癒されますねえ(笑)。また来たいなあと思うお店でした。
一楽章 広島市中区本通5-13