E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

社員旅行 神戸

年一回の社員旅行、9月26日〜27日で神戸に行ってきました。

宿泊したのはメリケンパークの先端にあるオリエンタルホテルです。建物の形状は波か雲なのか船なのか?ちょっと変わった外観ですね。こちらのホテルは超快適で、何だが自分がリッチマンになったような気分です。

ホテルの部屋のベランダから豪華な客船が見えます、船名は「The World」。二日目の朝、部屋に届けられた神戸新聞を読むと、なんとこの船は世界初の洋上分譲マンションなのだそうです。価格は一部屋8000万円〜7億3000万円、5つ星ホテル並みのサービスを提供する超豪華船で、次の寄港地は自治会が決めるそうです。ちょうど神戸に寄航中だったようで、住民はいま神戸ビーフを食べて世界遺産の姫路城を観光に行っているとか、、はぁ〜世界にはすごい金持ちがいるもんだ。

宿泊した次の朝は4:30頃には目が覚めて、朝食は6:30に最初の客として入りました。このホテルは期待通りで、朝食バイキングは良かったです。昨夜のディナークルーズの晩飯が酷かったので余計にそう感じたのでしょうか、、洋食・和食の両方の惣菜を取って何皿もお代わりしました。いや〜美味しかった。


さてそのディナークルーズですが、、ホテルの横の岸壁から出航して神戸の夜景と明石海峡大橋の夜景を楽しむツアーで、今回のツアーのハイライトです。確かに景色は良かったですよ、、ホントに私は楽しめました。しかし食事の方は、、かなりの値段を取っているはずですが、残念ながらこれは飛行機の機内食レベルです。広島の銀河の方がはるかにましですね。神戸の豪華ディナークルーズということで期待していたのですが、料理に文句を言うのは野暮でしょうか。ここは景色を楽しむことに集中しましょう。

明石大橋の下を通ったのは初めてだし、上弦の月と木星もよく見えました。明石海峡の風も気持ち良かったですよ。


一日目の自由時間にブラブラした南京街、休日ということで観光客も多く賑やかで楽しいです。夜のディナークルーズに備えて何も食べなかったのですがホントに損しました。色々と食べたいものもあったのですがねえ、ここで食べておけばよかったなあ、、


二日目はお約束の北野異人館巡り。何度も来ているのでもういいやと思っても、やはり歩き周ってしまいます。


灘の白鶴酒造の資料館、江戸・明治時代の酒造蔵を再現したものです。昔はこうだったんだということは分かりますが、大メーカーの宣伝施設なので特に見るべきものはなし。しかし、朝絞ったばかりという生酒はオートメーション製造でも美味しかったです。流通とかを考えてわざわざ不味くして出荷しているのが今の日本酒なのですね。


一日目に行った六甲山牧場です。うちの社員旅行のお決まりである体験シリーズ、今回はチーズ作り体験です。牛乳にレモン果汁を加えてカッテージチーズを作ったりしました。こういうことは楽しいし、お昼前だったのでお腹が空きました。


昼飯のバーベキューです。ビールを飲みながら焼肉を頬張って、、振り返ると、ここが今回の旅行で一番美味しい食事でした。


二日目のお昼は三ノ宮のステーキハウスで神戸ビーフを頂きました。ぶ厚い霜降りの肉は迫力があります。

目の前で肉を焼いてくれるのは、見ていてとても楽しいです。ただ、こういう霜降り肉は私はもうダメですね。脂が口一杯にまとわりついて、肉を食べているのか脂を食べているのか分からない感じです。肉自体は確かに高価な神戸肉なのでしょうが、付け合せの野菜やスープはかなりいい加減で、やはりこのあたりは観光客向けの店ということですかね。


色々と文句も言いましたけど(笑)、今回の神戸旅行は盛りだくさんの内容で楽しかったですよ。食事に関しては団体旅行なので仕方ないところですね。肉ばかり食べていた感じですが、神戸にはもっと美味しいものがあると思います。まだまだ神戸の良さはあると思いますから、これからも訪れてみたいですね。