E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

赤こんにゃく とか、

このところよく雨が降りますね。昨日のゲリラ豪雨ではひどい目にあった人も多かったようです。梅雨ですから仕方ないのですが、湿度の上昇とともに不快指数も急上昇、、これからしばらくは鬱陶しい季節が続きますね。
晩飯にはちょっと珍しいものが出てきました。"赤こんにゃく"(手前右)とか、"かっぽんの煮物"(手前左)とか。この"赤こんにゃく"というのは近江八幡の名産で、戦国の昔から作られているのだそうです。この鮮やかな赤色は三二酸化鉄によるものだそうで、食べてみると辛味はなく鰹ダシに程よい塩気が効いていて、酒の肴に中々良いですね。"かっぽん"というのは、正しくは"いたどり"という植物だそうです。5月頃に生えてきて節があって、結構背も高くなります。手で折るとカッポンという感じで折れるのでこういう呼び名になったんですかね。若芽を摘んで皮を剥き、水に晒して2〜3度茹でこぼしてから味を付けるといいようです。う〜ん、しゃきしゃきとした食感がよくて、これも季節の味ですね。

その他は、肉春巻き、小松菜のおひたし等。今宵も美味しく頂きました。