今治名物 十円寿司

讃岐うどんツアーはお昼前に終了。お土産に一鶴で"骨付き鳥"を買い込んだ後、さて広島に向かって帰着ですが、せっかくETC特割があるので、帰りは瀬戸大橋ではなくて「しまなみ海道」を通って帰ることにしました。途中にある今治にはqazさんが行きたかった「十円寿司」という店があるとのこと。私もこの店のことはTVで見たことがあって、ちょっと興味があります。というわけで寄っていくことになりました。
十円寿司というのは本当に1個が10円なのか?1個ずつ握るのは大変だから、寿司飯を型で作っておいてその上に小さいネタを載せていくのではないか?、、などと話しているうちに店に到着しました。お店は年季が入っていて古びた感じで、年配のご夫婦二人で切り盛りされていました。


品書きを見ると、十円寿司は250円、上寿司でも350円です。信じられないような価格ですね。私達は十円寿司と吸い物(200円)を注文しました。注文が入るとご主人が寿司を握り始めます。見ていると本当に1個ずつ握っています。これは手間が掛かるなあ。1人前25個で250円、まさに1個10円の寿司でした。これは驚きですねえ。ネタはよく分からない魚とゲソ、タコなど4-5種類くらいが混ざっているようです。味のほうは、、う〜ん、まあそれなりというところ。値段の驚きが大きくて、味はよく分からないというところですね(笑)。

愛媛県に来たので、"せんざんき"(500円)も注文してみました。コショウの効いたスパイシーな味付けでこれは旨いです。今治は焼き鳥の街としても有名なので、今度はこれ狙いで来てみたいですね。

このお店、ホントに驚きの価格です。qazさんはもろにツボに嵌ったようですが、どうでしょう?私も面白いと思いましたが、こういう店には拒否反応を起こす人もいるかもしれないですね。「せっかく今治まで行くのなら、もう少し美味しい魚が食べたい」という向きにはお薦めできないところです(笑)。