吉和 キャンプツアー

5/4〜5/6の間、「吉和魅惑の里」というところで2泊3日のキャンプをしてきました。ここはケビンやオートキャンプ場、バーベキューハウスなどの設備があるリゾート施設です。園内に「水神の湯」という温泉もありますが、これはラドン含有温泉ということで露天風呂もありました。キャンプに来て温泉にも入れるというのは中々良かったですね。
このグループのキャンプに参加させて頂くのは私はこれが2回目ですが、家内は以前からこの集まりに参加させて貰っていて、子供も含めて家族ぐるみの付き合いをさせて頂いています。今回ご一緒したのは5家族11名。子供達は年毎に成長して高校・大学・社会人となっていくので、子供の参加は次第に少なくなってきますが、お互いの近況を聞けるのも女性陣には楽しみのようです。ここのケビンは設備が整っていて、冷蔵庫もある台所、水洗トイレ、バス、テラスなど。オートキャンプ場も借りてテントも張ったのですが、結局皆でケビンに集まってワイワイやっていました。


この会の宗旨としては、女性方は専らお喋り中心で、男共が食事の支度をすることです(笑)。材料は一緒に買出しをして、各自が自分の作りたい料理を作ります。今回は一晩目の夕食は、鮭のちゃんちゃん焼き、牛すじ肉シチュー、鶏肉の炭火焼、チーズや玉子の燻製など。二晩目は美酒鍋がメインでした。二日目のお昼には、私が持参したわが家の"炎の鉄板"でお好み焼きを作りました。そば入りの他にご飯入りや海の幸うどん入りなど、皆で交替で焼くのはとても楽しいので、これは大好評でしたね。
朝食は炭火で焼いたトーストに野菜のスープ、玉子焼き、生野菜など。その他に持ち寄りの自家製のケーキやシャムなども出てきます。11人もいると三食を作るのは結構大変で、朝食の片づけが終わった頃にはそろそろ昼食の準備、昼食の片づけが終わってしばらく寛いだらぼちぼちと夕食の仕込み、、といった具合です。しかし、私のような料理が好きな人間にとっては、自分の作ったものを皆が美味しいと言って食べてくれるのがとにかく嬉しいし、とても楽しいです。


2泊3日のキャンプ生活は終わってみるとあっという間でした。少し疲れましたがこれは気持ちの良い疲れです。皆さんのご健康を祈りつつ、またの再会を楽しみにしつつお別れしました。