E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

麺の家 こりく

県病院の前辺りに、最近開店した「麺の家こりく」。ご主人は麺屋元就の出身だと聞いたので、興味をもって出かけてきました。店の外観は和風ですが店内入ると喫茶店のような造り、実際に以前は喫茶店だったのかもしれませんね。卓上の調味料入れは何だか見覚えがあるような感じがします。


メニューには"とりとんこつ"と"魚とんこつ"があるのですが、私は魚とんこつにしてみました。トンコツスープと魚介スープ(イリコ、節類のダシ)のWスープだそうです。スープを飲むと、元就の武蔵ラーメンよりトンコツの濃度が少し高いでしょうか、、しかし確かに元就の面影がありますね。麺は細めのストレート麺、具はチャーシュー、メンマ、細モヤシ、ネギ、海苔です。チャーシューはバーナーで炙ってあって柔らかくて美味しいです。いや〜このラーメン、中々美味しいと思います。

注文し終わってから品書きを見ると、新しく"こりくラーメン"というのが出ていました。Wスープに香味油、具も増えてこの店のスペシャリテだそうです。このラーメンは元就の特武蔵のような位置づけでしょうか。次回はこれにするか、またはつけ麺を食べてみたいですね。


2009.04.04再訪 家内と二人だったので、こりくラーメンとつけ麺を注文して両方食べてみました。
こりくラーメンは平打ちの中太麺です。スープは鶏ガラ、トンコツ、魚だしのミックス、具には味玉が半個加わります。中々美味しいです。つけ麺はこりくラーメンと同じ平打ち麺、つけ汁はかなり節系の味が加えられていますね。今日食べたラーメンはいずれも元就のテイストが感じられました。現時点ではまだこの店の独自性というものは感じられないのですが、ラーメはかなりハイレベルだと思います。


麺の家こりく 広島市南区翠5-7-19