E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

鯖寿司


鯖寿司は私の大好物。別に食通を気取って「鯖寿司は祇園の’いづう’でないと」、などと贅沢を言う気は全くありません。スーパーで売っているプラスチックパック入りの鯖寿司でも十分満足します。
関西(特に大阪)では鯖寿司のことをバッテラと称することが多いです。何故、バッテラと呼ぶのか?実はこれは元々ポルトガル語で小船を意味する言葉だそうで、鯖寿司の形が小船のようなのでこう名付けられたそうです。脂がのった鯖を〆て白板昆布を敷く。イノシン酸、グルタミン酸の旨みが折り重なって、これは日本人が大好きな味ですね。
唯一の問題は、近頃はまっとうな鯖寿司はやたらと高いということ。今日は義母から頂いたのだが、関サバを使った鯖寿司で、デパートで1本三千円もしたのだそうです(ひぇ〜自分ではとても買えないよ)。脂が適度で、それはとても旨かったんですけどね。