E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

薩摩路紀行(2)

旅行2日目。朝起きると曇天。雨の心配はなさそうですが山の方は靄っています。取り敢えず近くの霧島神宮に参拝してから、ホテルの人に教えてもらったビューポイントに行きましたが、結局、霧島連山は全く見えませんでした。心を残しながら次の目的地の知覧へ、薩摩半島を車で南下します。

知覧では武家屋敷の町並みと、特攻平和会館を見学。戦争の悲惨さについては今更言うまでもありませんが。
 
更に南下して薩摩半島最南端の長崎鼻に。曇り空のうえ風が強くて寒かった。いつもは穏やかな姿の開聞岳も今日は何か寒々しく見えました。今日の泊まりは指宿温泉。ホテルに入る前に、冷えた身体を砂むし風呂で暖めることにしました。指宿には公共の砂むし温泉施設があるのでそこに行きました。受付で貸出している浴衣に着替えて海岸に出ると、屋根の架かった砂風呂場があり、係の人が手際よく砂に埋めてくれます。これはいい気持ち。砂は深く掘るほど熱く、背中が熱くてお腹側は丁度良い感じい。30分も埋まっていると汗だくになりました。砂を落とすために上がり湯をして、あ〜暖まった。
 
ホテルに入って改めてゆっくりと温泉に浸かって、本日もお疲れさまでした。