喫茶店でラーメン?

続いて、近頃話題の廿日市市宮園にある「ぴーまん」へ。ここは一見喫茶店ですが、店頭に「中華そば」の幟が・・店に入ってメニューを見ても先頭に「中華そば」が書いてあります。ラーメンにかなり自信あり!という感じです。厨房も広くとってあり、他のメニューを見ても、喫茶店と言うより定食屋さんぽい構成ですね。出てきた中華そばですが、まず具が変わっています。極細もやし、ダイコンとニンジンのつま、青ネギ、豆苗。スープは濃いトンコツで、ゼラチン、ニカワ質でかなりねっとりとしています。それとは別に魚介系の香り。鰹節とさらにもう一つ違う香りが・・qazさんは「これはスルメでは」仰っていましたが、正にそんな感じです。チャーシューは脂の多い三枚肉ですが、厚めに切ってあって食べ応えがありました。いや〜このラーメンは旨いです。ラーメン専門店と比べても遜色ないどころか、広島でもかなり上位にランクインしそうです。この店はここ数ヶ月で最大の発見ですね。
 
ぴーまん 広島県廿日市市宮園2-2-7 (2005.04閉店)

3時間も中休憩して、家に帰って大掃除の再開。夕方まで台所のレンジや換気扇と格闘して、手がぼろぼろです。あ〜しんどかった。